インテリアコーディネーターとは?

顧客の希望に合わせて、ソファやベッドといった家具から壁紙やカーテンなどの内装まで、部屋をトータルコーディネートするのがインテリアコーディネーターの役割です。個人の住宅はもちろん、販売店や事務所など様々な空間のデザインを手がけます。

インテリアコーディネーターが活躍できる職場TOP5

no.1

一番人気の住宅メーカー

相談からアフターフォローまで、インテリアコーディネーターとして一連の仕事をこなすことができます。人気の就職先ですが採用のハードルが高いので、他の職場でキャリアを積んでから転職するといいでしょう。基本的に週末は出勤することが求められるので、スケジュール調整できるか確認しておきましょう。

no.2

他の資格も活かせるリフォーム会社

インテリアコーディネーター以外にも、建築士の資格を持っているのならリフォーム会社への就職がおすすめです。リフォーム会社では内装はもちろんですが、それ以前に家の設計部分を改良する必要が出てきます。建築に関する資格を持っていると、就職に有利だといえるでしょう。 

no.3

フリーランスにも縁が深い不動産会社

不動産会社が所有している物件のコーディネートを担当します。不動産会社に勤務するという働き方もできますが、フリーランスのインテリアコーディネーターとして依頼を受けることもできます。フリーランスのインテリアコーディネーターを目指すなら、不動産会社とのツテがあると有利です。

no.4

顧客へのアドバイスもできる住宅展示場

住宅展示場やショールームのインテリアコーディネートを手がけたり、顧客に対するアドバイスを行います。ハウスメーカーと契約を結んだ顧客の要望があれば、そのまま購入した物件のインテリアのコーディネートを任されることもあるでしょう。

no.5

販売員としても働けるインテリアメーカー

販売員として、店頭に立って顧客の相談に乗るのが主な業務です。インテリアコーディネーターとしての知識や経験はもちろん、接客スキルも必要となるでしょう。人と接することが好きな人やアドバイスが上手な人におすすめの就職先だといえます。

専門学校で学びながらインテリアコーディネーターの資格取得を目指す

インテリア

インテリアについて学べる専門学校

インテリアコーディネーターを目指すなら、専門の学校に通学しましょう。専門学校では、インテリアコーディネーターの資格取得に必要な授業が受けられます。また、就職後にも役立つスキルやフリーランスとして活躍する方法など、プロの講師から様々な情報を得ることができるでしょう。インテリアのコーディネートだけでなく、デザイン全般について学べる専門学校もあるので、幅広く学びたい人は学科やクラスが充実している学校を選びましょう。

インテリアコーディネート以外のスキルも取得できる

専門学校では、インテリアコーディネートだけでなく、インテリアデザインや建築について学ぶ授業もあります。それぞれの資格取得を目指すこともできますが、ファッションやウェブデザインなど様々な学科が複数開設されている専門学校なら、インテリアコーディネーターの業界以外のことも幅広く学べるでしょう。インテリアという枠にとらわれずに、デザイン全般について学ぶことができます。

充実した就職支援が魅力

インテリアの専門学校では、就職支援活動に力を入れています。在校中にインテリアコーディネーターとして活躍するノウハウを教えるだけでなく、卒業後にスムーズに就職するコツが学べるのです。また、専門学校のツテで業界の様々な就職先を紹介してもらえるので、個人的に就職活動するよりも有利だといえるでしょう。卒業後にも困ったことがあれば、まずは専門学校に相談してみましょう。

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターは異なる?

企画や設計にも携わるインテリアデザイナー

建築士から意見を求められることもあるインテリアデザイナーは、内装の企画や設計に携わることも珍しくありません。顧客の要望を元に、インテリアの総合的なプロデュースを行います。美的感覚はもちろんですが、関係者と計画的に進める企画力やコミュニケーション能力が求められます。

アドバイスが主なインテリアコーディネーター

顧客の要望を聞いて、カーテンやソファなど最適なインテリアを提案するのがインテリアコーディネーターの仕事です。顧客が心地よく生活や仕事が行えるよう、インテリアを整えるのが大きな役目だといえるでしょう。インテリアを選ぶ美的センスや顧客とのコミュニケーション能力が求められます。

将来に繋がる学校に通うと有利

インテリア専門の学校に通う最大のメリットは、将来の目標を見据えることができるという点です。資格を取得したりスキルを学ぶだけでなく、フリーランスを目指したり希望する企業に就職できるよう将来の働き方に合わせた学びを得ることができます。

コーディネーターだけじゃない!インテリアに関する資格3選

空間設計ができる・インテリアプランナー

インテリアプランナーは、住宅やオフィスなど建物の内部空間を企画や設計から総合的にプロデュースできます。販売が主な業務であるインテリアコーディネーターと異なり、建築に携わることが多いという特徴が挙げられます。特別な資格取得条件はありませんが、建築の知識が必要となります。

明かりのプロフェッショナル・照明コンサルタント

照明は、内装の印象をガラリと変える重要な役割を持つアイテムです。照明コンサルタントは、明かりの強さや色合い、照明の形などのバランスを総合的に調整できます。インテリアコーディネーターなどの資格と併せて取得しておくと、業務の中で役立つでしょう。

色の特性が学べる・色彩検定

感覚だけでなく理論的に配置しなければいけない色彩に関しては、検定試験に向けた勉強で学べます。色が人に与える影響や色毎の特徴が学べるので、インテリアの業界だけでなくファッションやディスプレイなど様々な分野で役立つでしょう。専門学校で学ぶこともできますが、独学で資格取得を目指すことも可能です。

[PR]
イラストの技術を専門学校で学ぼう
カリキュラムを公開中

[PR]
インテリアの専門学校に通いたい!
オープンキャンパスの情報を確認しちゃおう

広告募集中